看護師の介護求人・転職情報

看護師について

看護師

看護師の仕事内容

介護施設で働く看護師は、介護職員と協力しながら、利用者さんの日常生活を支えるための支援を行います。利用者さんの血圧や体温測定を行い、健康を管理すること、吸引や経管栄養などの医療処置を行うこと、内服薬の管理をすることが主な仕事内容です。また、医師と利用者さんとの調整を行い、安全で質の高いサービスを提供するために介護職員や理学療法士等のスタッフと連携を図ることも大切な業務の一つです。
施設の他には、在宅で医療ケアが必要な方を支援する「訪問看護」という働き方も増えています。主治医から発行された訪問看護指示書に沿って内服管理や医療ケア、身体介護を行います。

看護師に必要な資格・スキル

介護施設や訪問看護で働きたいと考えた場合、看護師の免許を持っていれば特別な資格は必要ありません。介護職員とともに、医療や看護の立場から利用者さんの日常生活をサポートすることが求められます。さらに、介護施設によっては終の棲家として利用者さんを受け入れている場合や、訪問介護では病気などで余命がわずかとなった方のご自宅へ伺うこともあります。その場合は医療ケアや日常生活の支援だけではなく、精神的なフォローも求められるでしょう。また、介護施設や利用者さんのご自宅では常に医師が近くにいる状態ではないため、利用者さんの状態をアセスメントし医療ケアを判断することや、状態が悪化した時には病院や救急隊へスムーズな引継ぎをすることも看護師として求められます。

看護師のメリット

介護施設の看護師として働くメリットは、介護施設の場合ある程度利用者さんの状況が安定しているため、病院のような急患などの対応による残業がなく、ほぼ定時で仕事を終えられるという点が挙げられます。また師長との人間関係や医師からの無理難題に対応するといった事もなく、病院勤務の看護師ならではのストレスから解放されるといったメリットもあります。クリニックと比較すると急変やオンコールへの対応を求められる場合もありますが、夜勤を含めると収入面のアップも期待できます。
訪問看護においても、日勤のみで土日祝日に休める職場や、時短勤務やパートタイムで働ける職場が増えており、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。一人で利用者さん宅に伺うためプレッシャーはありますが、自分自身の決断で物事を進められるため、大きなやりがいに繋がるでしょう。
今後さらに高齢化が進み、介護領域の専門知識を持った看護師の需要はますます高まります。医療的な観点のみならず利用者さんの生活そのものを支えたいと考える方に向いている職場と言えるでしょう。

看護師を人気の市区町村から探す

関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
九州・沖縄

他の職種から探す

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。