生活相談員の介護求人・転職情報

生活相談員について

生活相談員

生活相談員の仕事内容

生活指導員はソーシャルワーカーとも呼ばれ、通所介護施設、特別養護老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、介護老人保健施設等で勤務しています。生活相談員は、施設の入退所に関する手続きや、利用者さんとご家族の相談援助、ケアマネジャーや各種関係機関及び地域との連絡・調整、介護職員のサポート、苦情の対応などを行います。なかでも特に重要なのが「相談・連絡・調整」の業務です。生活相談員が常に関係者と情報を共有することで、皆がケアプランの目的や定められた目標をしっかり理解した上で利用者さんを支援することが可能になります。

生活相談員に必要な資格・スキル

生活相談員は資格ではなく役割・職種名です。一般的には社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかの資格を保有しているという要件を満たさなければ生活相談員になることはできません。都道府県によっては、この3つの資格以外にも介護福祉士やケアマネジャーなどの資格が要件に含まれている場合もあります。これらの資格を保有していなくても2年以上の介護業務の実務経験などの要件を満たすことで生活相談員として勤務できるところもあります。業務の中では「相談・連絡・調整」が中心になるため、高いコミュニケーション能力が求められます。また様々な職種の状況を踏まえて幅広い視点で物事をとらえる力、前向きに問題解決に取り組むことができる力が必要になるでしょう。

生活相談員のメリット

生活相談員は「施設の顔」として、施設利用を希望する利用者さんやそのご家族と最初に接点を持つ職員となります。施設のイメージを左右する重要な役割を担うとともに、利用者さんの介護の根幹にかかわりながら、介護サービスと利用者さんをつなぐ架け橋として大きなやりがいを感じることができるでしょう。利用者さんの悩みや不安、問題点を解消し、より質の高い適切な介護サービスが受けられるかどうかは、相談の窓口となる生活相談員の連携、調整の能力にかかっているといっても過言ではありません。各専門家の意見を調整して最善策を検討していくことは大変ではありますが、介護サービスについて専門的・多角的な視点を養うことができます。働く施設によっても異なりますが、基本的には直接的に介護をする場面は少なく、日勤帯の勤務が中心となるため、肉体的な負担は介護職に比べて軽くなります。年齢を重ねても長く働けることも生活相談員として働くメリットの一つでしょう。

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。