サービス提供責任者の介護求人・転職情報

サービス提供責任者について

サービス提供責任者

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は、訪問介護の利用者さんへより質の高いサービスを提供するために、ケアマネジャーやヘルパー(訪問介護員)との連絡調整など、コーディネーターとしての役割を担います。具体的にはケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、利用者さんの状況を考慮した上で訪問介護計画書やサービス提供手順書を作成します。訪問介護計画書作成の際は、介護サービスに携わる担当者間で意見を交換したり、利用者さんやそのご家族に介護サービスを説明し理解・納得してもらうように働きかけたりする他、ヘルパーのまとめ役として、連絡調整や指導・育成も行います。

サービス提供責任者に必要な資格・スキル

サービス提供責任者とは資格ではなく、職種の一つです。サービス提供責任者として働くためには、介護福祉士、実務者研修修了、旧課程のホームヘルパー1級課程修了といった要件があります。実際の業務では利用者さんやケアマネジャー、ヘルパーとの調整が主な業務内容となるため、訪問介護全般、介護保険の知識だけではなく、マネジメント能力やコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

サービス提供責任者のメリット

サービス提供責任者は、訪問介護の業務に関する知識やマネジメント能力など幅広いスキルが求められるため、大変な分キャリアアップにつなげることができます。
ケアプランの内容を検討するサービス担当者会議等では様々な専門職と関わる機会があるため、より専門的な知識や技術を吸収増やすることができ、スキルアップにもつながるでしょう。
また、訪問介護のヘルパーの場合はパート等の非正規雇用がほとんどですが、サービス提供責任者の場合は正社員として雇用される場合が多く、ヘルパーと比較して給与が高くなるというのは大きなメリットです。その他にもヘルパーに比べ介護業務を行う機会は少なくなるため、身体的な負担が軽減することもメリットの一つではないでしょうか。

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。