機能訓練指導員の介護求人・転職情報

機能訓練指導員について

機能訓練指導員

機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員とは介護保険法によって定められている職種の一つです。日常生活において介助が必要になった利用者さんが、自分自身で身の回りのことができるように、リハビリを通じて支援することが主な役割です。利用者さんの身体的、精神的な状態や利用者さんとご家族の意向に合わせて機能訓練の計画を立てて実行し、心身機能の維持・向上を目指します。機能訓練は3ヶ月ごとに利用者さんの状態や変化を評価して、内容を見直します。働く職場は大きく分けて、デイサービスや特養などの介護系施設と、デイケアや老健などの医療系施設の2つです。介護系施設の場合は比較的元気な高齢者を対象とした予防介護のためのリハビリに特化したデイサービスなども増えており、日常生活に根差した機能訓練が求められます。医療系の老健などの場合は在宅復帰を目指す高齢者の方が対象になるため医療的な視点での機能訓練が中心になります。
また機能訓練指導員は保有する資格によって求められる仕事内容が異なるため、自分の能力を活かして働くことができるでしょう。

機能訓練指導員に必要な資格・スキル

機能訓練指導員として働くためには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師(はり師・きゅう師)の資格が必要となります。ただし、鍼灸師の場合、鍼灸師以外の資格を持った機能訓練指導員が在籍する施設での半年以上の実務経験が必要になります。
また、利用者さんとだけではなく、利用者さんのご家族や施設の介護職員、医師などとも連携が必要になるため、コミュニケーション能力も求められます。

機能訓練指導員のメリット

病院やクリニックなどとは異なり、利用者さんが継続してサービスを利用する場合が多いため、長期的なスパンで利用者さんを支えることができるといったメリットがあります。また、個人経営の接骨院やクリニックなどと比較して、経営状況が安定しているという点もメリットの一つでしょう。その他にも、勤務時間は8時~18時までの間で8時間程度の日勤帯の施設がほとんどなので、ワークライフバランスが取りやすいという点も機能訓練指導員として働く魅力です。
超高齢化社会の到来によりますます増加している介護費と医療費の削減のため、地域で療養する人が自分の力で生活することができるようなサポート体制が求められています。その中で高齢者自身が自分で生活できる能力を維持・向上できるように支援する機能訓練指導員の需要は今後ますます高まるでしょう。

機能訓練指導員を人気の市区町村から探す

北海道・東北
関東
東海
近畿
中国
九州・沖縄

他の職種から探す

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。