ケアマネジャーの介護求人・転職情報

ケアマネジャーについて

ケアマネジャー

ケアマネジャーの仕事内容

ケアマネジャー(介護支援専門員)は利用者さんが適切な介護サービスを受けることができるよう、介護サービスの事業者や市区町村などと連絡調整を行う、介護保険のプロフェッショナルといえる存在です。介護を必要とする方のケアプランを作成し、評価を行いながら、できる限り自立した生活を送ることができるようサポートするのが主な役割です。職場は居宅介護支援事業所、特別養護老人ホームなどの介護施設、自治体の介護相談の窓口となる地域包括支援センターなどです。

ケアマネジャーに必要な資格・スキル

介護保険サービスにおいて非常に重要な存在であるケアマネジャー。そのケアマネジャーになるためには、まずは一定の職種での実務経験が必要になります。介護福祉士、社会福祉士、看護師などの保険・医療・福祉関係の国家資格を持ち、それに基づく業務に5年以上かつ900日以上従事することで介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格を得ることができます。この試験に合格するとケアマネジャーとして業務に就くことが可能となります。合格後も5年毎の更新が必要です。
ケアプランの作成が主な業務となるため介護保険サービスを熟知していることはもちろん、利用者さんとサービス事業所との連絡調整、サービス担当者会議の開催など、全く別の業務を並行して進めなければいけないため、複数の業務を同時にこなせる「マルチタスク」のスキルが求められます。

ケアマネジャーのメリット

ケアマネジャーは、適切な介護サービスを取り入れることで利用者さんとご家族により良い変化をもたらすことができます。これがケアマネジャーにとって大きなやりがいとなります。サービス事業所との連絡調整役を担っており、利用者さんの家を訪問する機会も多いためご家族から頼りにされ、直接感謝されることも多くなります。
また、ケアマネジャーは介護職の中でも日勤帯の事務作業が中心なので、体力的な負担が少なく長く続けやすいといったメリットがあります。そして、ケアマネジャーは資格手当が支給される場合が多く、年収アップにもつながるのもメリットの一つです。認定ケアマネジャーという上位資格もあり、キャリアアップとスキルアップを目指すことも可能です。

ケアマネジャーを人気の市区町村から探す

北海道・東北
関東
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

他の職種から探す

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。
検索条件を1つ以上入力してください