管理職・管理職候補の介護求人・転職情報

管理職・管理職候補について

管理職・管理職候補

管理職・管理職候補の仕事内容

介護職における管理職・管理職候補の仕事内容としては、企業の本社に勤務する場合と、施設の管理者として勤務する場合とで業務内容が異なります。施設の管理者として勤務する場合、より良い介護サービスを提供できるよう、利用者管理、職員管理、運営管理、収支管理、行政管理などのマネジメント業務を行います。具体的には、利用者さんに合わせた適切なサービスが提供されているかどうかを判断し、適正な人員配置のための人材確保や現場職員の指導なども行います。さらに、施設の運営方針やサービスレベルを作成してモニタリングしたり、介護報酬や人件費をコントロールしたりするなど、仕事内容は多岐にわたります。本社勤務の管理職はその担当によって業務の内容は大きく異なりますが、各現場で働くスタッフの支援や研修制度の企画提案など、現場のサービス向上のための支援となる場合が多いでしょう。

管理職・管理職候補に必要な資格・スキル

施設の管理者(施設長)として管理職・管理職候補になるには資格要件が定められている場合があります。介護老人保健施設は、原則として医師しか管理職になれませんが(都道府県知事の承認のもと、医師以外のものを管理職としている施設も多い)、グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所では、数年間の介護業務従事の実績と数日間指定された研修を受講することで管理者(施設長)としての資格要件を満たすことができます。 また、特別養護老人ホームでは社会福祉主事の要件も必要となります。一方で、有料老人ホームやデイサービス、訪問介護事業者では特に資格要件は定められていませんので、資格よりもその適性が重視されるでしょう。
管理職・管理職候補者として求められるスキルとしては、利用者さんやそのご家族、関係機関の専門職や施設の職員など多くの人と関わるため、対人折衝能力やコミュニケーション能力が必要不可欠です。特に介護現場は「感情労働」と言われ、労働者が感情を抑制し、我慢や忍耐が必要となる職場です。職員の一人ひとりと向き合って、それぞれの能力を引き出すピープルマネジメントの能力も求められるでしょう。その他にも、事業所が掲げる目標達成のために組織をまとめるマネジメント能力が求められます。

管理職・管理職候補のメリット

管理職として働く一番のメリットは、介護職の職種の中でも年収が高いという点です。勤務する施設や規模、運営内容によって年収に幅はありますが、高いところでは800万円を超える場合もあります。これは介護職の平均年収を大きく上回ります。介護職員としての経験を活かし、管理職になるといった事例も多数あり、介護職として給料アップを目指す場合に考えたい選択肢の一つと言えるでしょう。
また、現場経験を活かすことで、利用者さんにより良い介護を提供できるようになるだけでなく、職員にとっても働きやすい職場環境を整えることが可能となるため、収入面の満足度とともに、大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。
検索条件を1つ以上入力してください