介護職[訪問系]の介護求人・転職情報

介護職[訪問系]について

介護職[訪問系]

介護職[訪問系]の仕事内容

訪問介護とは、介護職員が利用者さんのご自宅へ訪問し、身の回りのお世話や日常生活の援助などを行うサービスです。利用者さんによって日常生活自立度や介護度は異なるため、一人ひとりに合わせた身体的な介護や生活の援助が必要になります。具体的には食事や排泄などの身体介護、洗濯や買い物代行、部屋の掃除などの生活援助を行います。その他にも、通院が必要な場合は家族に代わって通院に付き添うこともあります。利用者さんが可能な限りご自宅で自立した生活をすることができるように援助することが目的であるため仕事内容は多岐にわたります。

なお、訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事は介護保険で対応できるサービスが決められています。基本的に利用者さんが日常生活を送るために必要な援助です。そのため、利用者さんのご家族のためのサービスや、日常生活に不必要だと判断されるサービスを提供することはできません。

介護職[訪問系]に必要な資格・スキル

訪問介護員(ホームヘルパー)として身体介護を行うためには「介護職員初任者研修」を修了している必要があります。資格を持っていない場合でも事業所によっては資格取得を支援するところもあり、入職後に資格取得を目指すことも可能です。初任者研修を修了した後は、より上位に位置づけられている「実務者研修」で喀痰吸引などの医療的なケアを学ぶと業務の幅が広がります。身体介護の他に、生活援助では炊事洗濯なども含まれるので、家事能力が高いと利用者さんの満足度も高くなるでしょう。
また、訪問介護の場合は利用者さんのご自宅へ伺い、利用者さんと1対1で関わっていくため、より高いコミュニケーション能力や適切な判断力が求められます。

介護職[訪問系]のメリット

訪問介護では、一人で利用者さん宅へ訪問するため、プレッシャーを感じる場合もありますが、自分自身の決断で物事を進められるため、施設勤務などと比べると自分のペースでサービスを提供できるというメリットがあります。また、利用者さん毎の相性によるトラブルなどに頭を悩ませる必要もなく、一人ひとりと深く向き合うことができるため、利用者さんのペースや好みに合わせて生活をサポートすることができます。
その他にも、訪問介護の場合は入所系施設と異なり、平日のみで夜勤なしといった求人がほとんどで、通所サービスのような送迎業務もありません。勤務時間も数時間で区切ることが多いため、短時間だけ勤務するということも可能なので、子育てをしている方や自分のペースで働きたいと考えている人でも働きやすい職場といえるでしょう。

介護職[訪問系]を人気の市区町村から探す

北海道・東北
関東
東海
近畿
中国
九州・沖縄

他の職種から探す

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。
検索条件を1つ以上入力してください