介護職[施設・通所系]の介護求人・転職情報

介護職[施設・通所系]について

介護職[施設・通所系]

介護職[施設・通所系]の仕事内容

介護職は、日常生活に介助が必要な方がその人らしい生活を送れるように、身の回りのお世話やご本人とご家族からの相談に対してアドバイスなどをする仕事です。対象とする一人ひとりの利用者さんの日常生活における自立度に合わせて、入浴介助、排せつ介助、食事介助などの身体介護、掃除や洗濯、調理などの生活援助、レクリエーションを通しての社会活動支援を実施します。施設では24時間交代勤務で利用者さんへの介護を行い、通所では日帰りで施設までの送迎・介護を行うことになります。また、身の回りのお世話だけではなく、必要な介護や自宅での困り事などを把握しながら適切な介護を受けることができるように介護サービスの調整も行うため、仕事内容は多岐にわたります。

介護職[施設・通所系]に必要な資格・スキル

介護施設や通所サービスで働く際には資格や経験がなくてもできる仕事もありますが、資格を取得することで業務の幅が広がります。介護職に役立つ代表的な資格は3つです。介護職としてのスタートラインの資格である「介護職員初任者研修」、医療的ケア(喀痰吸引など)が実施できるようになる「実務者研修」、介護職唯一の国家資格である「介護福祉士」です。介護福祉士を受験するためには実務者研修の修了が条件となっており、介護職としてのキャリアアップのためにはぜひ取得しておきたい資格です。また、仕事の際に求められるスキルとしては利用者さんだけではなく、医師、看護師、理学療法士などの多職種と連携しながら介護を行っていくためコミュニケーション能力が必須となります。

介護職[施設・通所系]のメリット

訪問介護とは異なる施設・通所系の介護職のメリットは、訪問介護で身体介護を行う場合は「介護職員初任者研修」を修了している必要がありますが、施設系は未経験からでもすぐに始められます。働きながら様々な経験や資格を持ったスタッフとともに利用者さんに関わりながら、スキルアップを目指すことができます。また、訪問介護の場合は一人で利用者さん宅へ伺うため、不測の事態が発生した際に一人で判断や対処をしなければいけません。経験が浅い介護職員にとっては負担となる場合があります。その点、施設・通所系の職場の場合は同僚や先輩、上司などにサポートしてもらえるので、スキルに自信がなくても安心して業務に就けるでしょう。介護職は利用者さんの日常生活をサポートするという特性上、他の職種よりも人間同士の関わり合いが深くなり、「ありがとう」と感謝の言葉をかけてもらう機会の多い仕事です。また、これまでできなかったことができるようになるなど生活の質が向上することで利用者さんだけではなく、ご家族からも信頼されることになり、大きなやりがいにつながります。
その他にも、施設・通所系の場合は営業時間やシフトで就労時間が決められており、訪問系のように間の時間が空いてしまうことがありません。そのため、しっかり安定した収入が得られる点もメリットと言えるでしょう。

介護職[施設・通所系]を人気の市区町村から探す

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

他の職種から探す

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。
検索条件を1つ以上入力してください