東京都の調理師・栄養士の介護求人一覧

この条件の介護求人数 6

パート・アルバイト

【資格不問!時給1,020円~】【週3~5日勤務可能な方☆】飲食関係の仕事経験がある方であれば、調理師免許なくてもOKです☆勤務時間応相談◎千歳船橋駅より徒歩10分の好立地!!

勤務地
東京都世田谷区
職種
調理師・栄養士
給与
時給:1,020円〜
賞与:あり 会社実績と勤務評価による
応募資格
  • 資格不問
賞与あり 昇給あり 無資格OK 日勤のみ 駅チカ 社会保障完備 制服あり
求人詳細を見る
正社員

【資格・経験不問!】【各種手当充実◎】【駅から徒歩2分♪】半年以上の勤務実績でフレッシュアップ休暇3日付与!モダンな雰囲気の福祉施設です◎

勤務地
東京都新宿区
  • 神楽坂駅
  • 牛込神楽坂駅
職種
調理師・栄養士
給与
月給:180,960円〜
賞与:あり 年2回 計 1.00ヶ月分(前年度実績)
応募資格
  • 資格不問
賞与あり 昇給あり 未経験OK 無資格OK 日勤のみ 駅チカ 自転車通勤OK 社会保障完備 住宅手当あり 退職金制度あり
求人詳細を見る
正社員 紹介

【調理師】東京都板橋区のサービス付き高齢者向け住宅

勤務地
東京都板橋区
職種
調理師・栄養士
給与
月給:160,000円〜200,000円
応募資格
  • 資格不問
未経験OK 無資格OK 日勤のみ 年休110日以上 社会保障完備
求人詳細を見る
パート・アルバイト

【無資格・未経験可】【週3日~4日程度からOK!】【駅近なので、楽々通勤】主婦(夫)、シニア層歓迎♪WワークOKです!

勤務地
東京都港区
  • お台場海浜公園駅
  • 東京テレポート駅
職種
調理師・栄養士
給与
時給:1,100円〜
応募資格
  • 資格不問
未経験OK 無資格OK 日勤のみ 駅チカ 社会保障完備
求人詳細を見る
パート・アルバイト 紹介

【調理補助】東京都江東区の療養型医療施設

勤務地
東京都江東区
職種
調理師・栄養士
給与
時給:1,200円〜
賞与:あり 年1回 20,000円〜20,000円(前年度実績)
応募資格
  • 資格不問
賞与あり 駅チカ 食事補助あり
求人詳細を見る
パート・アルバイト

キッチンスタッフ【週休二日制】【残業無し】【本社に隣接の保育ルーム利用可】主婦の方でも働きやすい環境です!

勤務地
東京都葛飾区
職種
調理師・栄養士
給与
時給:1,013円〜
応募資格
  • 資格不問
求人詳細を見る

東京都における介護職・看護職を取り巻く環境

東京都の介護職の給料・待遇

ケアスタイルに掲載されている求人データから、 東京都の介護職の給料相場をご紹介します。

東京都全体の平均年収(正社員)は 330万円です。サービス形態別にみると、有料老人ホームでは 353万円、特別養護老人ホームでは 325万円、デイサービスでは 280万円、グループホームでは 302万円、老人保健施設では 325万円となっています。

それぞれのサービス形態によって実施される介護サービスは異なり、介護職の平均給料も違ってきます。
また、持っている資格や地域、働き方によっても異なりますが、全国平均でみると、介護サービスの中でも最も給料が高いのは特別養護老人ホームです。以下、訪問介護、グループホーム、デイサービスとなります。

東京都の介護職の平均給料

年収 330.3万円 / 月給 25.2万円

東京都のエリア別平均給料(年収)ランキング

給料情報の算出について

記載の給料情報はケアスタイルで現在公開している求人情報を元に算出しています

東京都で介護職・看護職をする魅力

介護職の主な仕事は、ご高齢者の食事、排泄、入浴、移動の介助です。
活躍の場は特別養護老人ホームをはじめとする入所施設やデイサービスなどの日帰り施設、ご自宅に訪問する訪問介護事業所など多岐にわたります。

業務内容や勤務時間帯は職場のサービス内容によって異なります。
たとえば、デイサービスでは食事・排泄・入浴介助のほかに、レクリエーションや利用者さんの送迎も行います。勤務時間は基本的には日中のみとなります。
有料老人ホームでは、利用者さんの生活の自立を援助することが主な仕事です。勤務時間帯は朝、昼、夜勤とさまざまです。

東京都の発表(令和元年「敬老の日にちなんだ東京都の高齢者人口(推計)」)によると、東京都の高齢者人口は309万4000人です。高齢者人口増加率は0.6%で、前年に比べて1万7000人増加しました。高齢者の人口数は日本1位となっており、介護職の有効求人倍率は6.36倍と全職業の1.37倍を大きく上回り、東京都内での介護職の需要はますます高まっています。

東京都では2018年に「東京都高齢者保健福祉計画(平成30年度~平成32年度)」を策定しました。2025年の未来を見据え、介護人材対策のとして、退職理由のひとつである腰痛悪化を回避するため、ロボット介護機器の普及に向けた取り組みをしています。