東京都千代田区の介護求人一覧

この条件の介護求人数 5

パート・アルバイト 紹介

【ケアマネジャー】東京都千代田区の居宅介護支援事業所

勤務地
東京都千代田区
職種
ケアマネジャー
給与
時給:1,100円〜
応募資格
  • ケアマネジャー
日勤のみ 駅チカ 自転車通勤OK 研修制度あり
求人詳細を見る
正社員 紹介

【介護職】東京都千代田区のグループホーム

勤務地
東京都千代田区
職種
介護職[施設・通所系]
給与
月給:187,000円〜
賞与:あり 年2回(7月、12月) 計4.4ヵ月(27年度実績)
応募資格
  • 資格不問
賞与4ヶ月以上 昇給あり 未経験OK 無資格OK 駅チカ 社会保障完備 住宅手当あり 寮あり 社員寮あり 社宅あり
求人詳細を見る
契約社員 紹介

【介護職】東京都千代田区の特別養護老人ホーム

勤務地
東京都千代田区
職種
介護職[施設・通所系]
給与
月給:178,000円〜
賞与:あり 年間3か月(前年度実績)
応募資格
  • 初任者研修
賞与3ヶ月以上 昇給あり 未経験OK 年休120日以上 駅チカ 社会保障完備
求人詳細を見る
正社員

【充実の福利厚生】【土日祝休み】【休暇制度充実】経験者優遇★本社勤務★在宅運営部担当のエリア長候補募集♪

勤務地
東京都千代田区
  • 御茶ノ水駅
  • 新御茶ノ水駅
  • 神保町駅
職種
管理職・管理職候補
給与
月給:370,000円〜
賞与:あり 年2回 前年実績:基本給×3ヶ月分
応募資格
  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー
  • 社会福祉士
月給35万円以上 賞与3ヶ月以上 昇給あり 日勤のみ 年休110日以上 土日祝休み 駅チカ 社会保障完備 住宅手当あり 食事補助あり

おすすめポイント

◎身に付くスキル◎
コーチングスキル、ファシリテーションスキル、研修の企画提案スキル(プレゼン力)、介護知識・スキルのレベルアップ、研修制度の設計スキル

求人詳細を見る
正社員 紹介

【年収330万?400万円以上】【年間休日119日&残業少なめ】【研修充実】多種多様な研修制度が充実しておりスキルアップも可能★

勤務地
東京都千代田区
  • 九段下駅
職種
ケアマネジャー
給与
月給:250,000円〜300,000円
応募資格
  • ケアマネジャー
月給30万円以上 月給25万円以上 月給20万円以上 賞与あり 賞与2ヶ月以上 日勤のみ 土日祝休み 土日休み 日曜休み 駅チカ

おすすめポイント

徹底した管理体制と弛み無い基盤を持った大手グループが運営している居宅介護支援事業所です。
20代?60代までと幅広い年代のスタッフが活躍中で、
スタッフ同士のチームワークも抜群な相談も行える心強い職場環境がイチオシです。

求人詳細を見る

東京都における介護職・看護職を取り巻く環境

東京都の介護職の給料・待遇

ケアスタイルに掲載されている求人データから、 東京都の介護職の給料相場をご紹介します。

東京都全体の平均年収(正社員)は 332万円です。サービス形態別にみると、有料老人ホームでは 353万円、特別養護老人ホームでは 326万円、デイサービスでは 281万円、グループホームでは 306万円、老人保健施設では 326万円となっています。

それぞれのサービス形態によって実施される介護サービスは異なり、介護職の平均給料も違ってきます。
また、持っている資格や地域、働き方によっても異なりますが、全国平均でみると、介護サービスの中でも最も給料が高いのは特別養護老人ホームです。以下、訪問介護、グループホーム、デイサービスとなります。

東京都の介護職の平均給料

年収 331.5万円 / 月給 25.3万円

東京都のエリア別平均給料(年収)ランキング

給料情報の算出について

記載の給料情報はケアスタイルで現在公開している求人情報を元に算出しています

東京都で介護職・看護職をする魅力

介護職の主な仕事は、ご高齢者の食事、排泄、入浴、移動の介助です。
活躍の場は特別養護老人ホームをはじめとする入所施設やデイサービスなどの日帰り施設、ご自宅に訪問する訪問介護事業所など多岐にわたります。

業務内容や勤務時間帯は職場のサービス内容によって異なります。
たとえば、デイサービスでは食事・排泄・入浴介助のほかに、レクリエーションや利用者さんの送迎も行います。勤務時間は基本的には日中のみとなります。
有料老人ホームでは、利用者さんの生活の自立を援助することが主な仕事です。勤務時間帯は朝、昼、夜勤とさまざまです。

東京都の発表(令和元年「敬老の日にちなんだ東京都の高齢者人口(推計)」)によると、東京都の高齢者人口は309万4000人です。高齢者人口増加率は0.6%で、前年に比べて1万7000人増加しました。高齢者の人口数は日本1位となっており、介護職の有効求人倍率は6.36倍と全職業の1.37倍を大きく上回り、東京都内での介護職の需要はますます高まっています。

東京都では2018年に「東京都高齢者保健福祉計画(平成30年度~平成32年度)」を策定しました。2025年の未来を見据え、介護人材対策のとして、退職理由のひとつである腰痛悪化を回避するため、ロボット介護機器の普及に向けた取り組みをしています。