おすすめエリアの介護求人特集

介護職[施設・通所系]

介護職は特別養護老人ホームや有料老人ホーム、通所介護(デイサービス)などで、利用者さんに合わせた介護や生活援助などの介護サービスを提供する仕事です。一般的に介護の現場で働く人のことを「介護士」や「介護職」と言います。 介護施設で働く介護職員は利用者さんの要介護度に合わせて入浴・排泄・食事などの身体介護と掃除・洗濯・調理などの生活援助を行いますが、入所施設の場合は24時間体制のため夜勤業務が求められます。通所施設の場合は介護業務以外にも送迎などが含まれる場合もあります。

介護職[訪問系]

訪問介護で働く介護職員は「訪問介護員」や「ヘルパー」と呼ばれ、在宅で介護を必要とする方のご自宅へ訪問し、生活の援助や介護を行います。生活援助は利用者さん本人やご家族が、日常生活で必要な家事(掃除・選択・調理など)を行うのが困難な場合に、介護保険の範囲内で支援します。介護には食事や入浴、排泄などの身体介護と、病院までの付き添いや日用品の買い物などの外出介助等が含まれます。 なお、訪問介護で身体介護を行う場合は介護職員初任者研修以上の資格が必要です。

生活相談員・支援相談員とは

介護福祉施設で活躍する職種で、特別養護老人ホームやデイサービスなどでは「生活相談員」、介護老人保健施設やデイケアでは「支援相談員」として勤務します。総称としてソーシャルワーカーとも呼ばれます。
主に利用者さんやそのご家族の相談援助や、利用や契約手続きに関する連絡・調整などを行い、施設の顔として活躍します。尚、生活相談員・支援相談員として働くためには、一般的には社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかの資格が必要です。

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは正式名称を「介護支援専門員」といい、介護を必要とする方が適切なサービスを受けられるよう、介護サービス事業者との調整を行う介護保険のプロフェッショナルです。
勤務先は居宅介護支援事業所や特別養護老人ホームなど介護福祉施設で、ケアマネジャーとして働くためには、介護福祉士などの資格を保有したうえで実務経験を積み、介護支援専門員実務研修受講試験のに合格する必要があります。

看護師とは

介護福祉施設で働く看護師は、介護職員と連携しながら介護を必要とする利用者さんの日常生活をサポートします。利用者さんの健康管理や投薬管理が主な仕事内容で、医療や看護の立場から利用者さんの健康を守るという重要な役割を担っています。
病院で働く看護師とは異なり常に医師が近くにいる状態ではないため、緊急時の病院との連携や救急隊員や医師への引継ぎなどが求められます。医療的判断を任せられる場合も多く、大きな責任を伴います。

機能訓練指導員とは

機能訓練指導員は介護保険法によって定めらたリハビリ分野の職種で、機能訓練指導員として働くためには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの決められた資格が必要になります。
勤務先はデイサービスやデイケア、特養や老健などの介護施設です。
日常生活で援助が必要な利用者さんができる限り自分の力で生活できるように支援するのが主な役割で、具体的には利用者さんの身体機能や生活環境を評価し、本人とご家族の希望を伺いながら機能訓練計画表を作成し、訓練を実施します。

会員登録
求人をお探しの方
ケアスタイルに登録すると、あなたの経歴を活かせる企業から直接オファーが届きます。
介護の相談
転職の悩み、ご相談ください
介護職専門のキャリア・アドバイザーが キャリア相談から転職の成功までサポートします。
求人検索